ママとベビーのヨガ

講師紹介

講師紹介
松井みつ枝と申します。
短大保育科を卒業後、念願だった保育士の仕事につく。
初めての担任を任され喜びとちょっぴり不安の中でのスタート!
かわいい子供たちと関わる毎日。
人事異動で児童館に勤務することに。
今までとは違う職場に戸惑うものの、述べ15000組の親子、そして小学生と出会い充実した日々を送る。
市が子育て支援センターを立ち上げることとなり、オープニングスタッフとして働くこととなる。
0からの立ち上げは大変ではあったがやりがいのある仕事。
子育て中の親子が求めていた場所。
述べ95000組の親子と関わる。
再び人事異動で保育園に。
久しぶりの保育園。気分転換にとはじめたスポーツクラブでヨガに出会う。
体調を崩したが、ヨガをするうちに少しづつ元気を取り戻していく。
ヨガに救われた気持ちが強く、もっと深くヨガを知りたい気持ちに。
結婚。保育士は退職。
ヨガ講師養成講座を受け、ヨガのインストラクターとしての活動を始める。
妊娠、出産後、マタニティヨガを経験。資格も取得。
ヨガをさらに学ぼうと「Primal Ray」にてヨガの学びを深め、アシュタンガヨガもはじめる。
2012年ママ&ベビーのヨガレッスンもはじめる。
ヨガのレッスンは1万人以上、3000組の親子のレッスンに携わり、現在に至ります。
よろしくお願いいたします!

こんな方に親子ヨガはおすすめです!

  • 運動不足解消
  • 夜泣きや不規則な睡眠や食生活
  • 肩こりや腰痛などの不調の改善
  • 産後の体型を戻していきたい
  • 赤ちゃんと笑顔で過ごす時間がほしい
  • 赤ちゃんに愛情を伝えたい
  • 心もすっきりリフレッシュしたい
赤ちゃんと一緒に触れ合いながら身体を動かすことで、ママが思っている以上に赤ちゃんには愛情が伝わります。
ママと一緒に色んな人を見て、いろんなことをすることで社会性など精神的な成長もしていきます。
身体を動かすことでママもベビーも心も体もリフレッシュ!規則正しい生活リズムが身につきます。
ママのためにも、赤ちゃんのためにも、親子ヨガはおすすめです。
ご質問からお受付しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
こんな方に親子ヨガはおすすめです!

ママのカラダをほぐす

産後のママ、子育て中のママが気になるところ、疲労しやすい首、肩、背中、腰、また、抱っこで疲れる二の腕。そこをほぐすようなポーズ。
あとは、産後で緩んだ骨盤回りや骨盤底筋群を引き締めていきます。
また一緒に寝て行うポーズ、抱っこでも可能なアサナ(ポーズ)をたくさん取り入れています。
ママのカラダをほぐす

雰囲気作り

雰囲気作り
パパは仕事に行っちゃうし、出かけなければ誰とも話をせずに一日終わってしまう。
子どもと向き合っていると言うこときかない時もあって、イライラ。
睡眠不足も重なるとかなりキツイ。
ママ同士やがおしゃべりして子育て中のアルアルっていう話をたくさんたくさん聞いたり話したりしています。
星子ども達も楽しむ。唄にあわせてマッサージや手遊びをする。
子どもがグズってしまうとヨガどころではないですよね。なので、要所要所で楽しい唄にあわせてベビーマッサージや触れあい遊びをしています。
あと途中のプログラムもクラスの雰囲気で、いれかえます。
季節感を取り入れた楽しいもの。
子どもってお気に入りを繰り返すのが好きです。なので、新しいものをコロコロ変えるのではなく繰り返すことで笑顔を引き出しています!

ヨガルームpoccapocaの心構え

参加者の名前を覚える

1つのクラスが8回や10回で1クールというレッスンが多いんですが、継続される方もいますし、季節の良いころだと新規の親子もたくさんいらっしゃいます。
親子の特徴をつかんで覚えて、次回のレッスンで必ず来たときに「○○ちゃん、(くん)こんにちは~待ってたよ」と笑顔でお迎えするなど、安心感、信頼関係を大事にしています。

ママが居心地のよい空間作り

授乳やお茶、オムツ替えやおやつ、おもちゃ、泣く、などなど全部大丈夫です。
ママが「あー泣いちゃった、どうしよう。。。」と思うのでなく、「ここなら泣いても大丈夫」と思っていただける空間作り。
ママが元気になるとリフレッシュしてその後も気持ちも新たに育児にむかえます。
ですのでヨガルームpoccapocaでは”ママが癒される”ことを第一に考えてママが居心地のよい空間作りを心がけています。